住民発議による住民投票 & 無条件ベーシックインカム

CHダグラス『社会信用論』翻訳者・上岡みおが世界の賢人に学んだことをつづるブログ

作っても売っても働いてもビンボーになる理由

f:id:kamio-kamio:20200512152726j:plain

 

 

っても売っても働いてもビンボーになる理由

f:id:kamio-kamio:20200512152302j:plain


1杯330円のコーヒーのうち人件費は110円と言われています。

なので、自分の給料では、自分が売ってるコーヒーを買えません。

「何言ってるの? 私はカフェで働いて、月に15万円稼いでるわ。働いているお店で売ってるコーヒーくらい買えるわよ。」

という声が聞こえてきそうです。

自分目線では確かにそうなのですが・・・。


クロで考えてみよう

自分の給料では、自分が売ってるものを買えないという話は、自分目線ではなく、マクロ目線でとらえないと、理解することができません。

カフェの例でいくと、従業員や雇用主の月給総額が、お店の月間売上金額を超過することはありえません。そんなことになったら、お店はつぶれてしまいますよね?

自分の給料では、自分が売ってるものの「一部」は買えても、「全部」は買えないわけです。

このことは、すべての商品に当てはまります。

建物、飛行機、車、列車、道路、橋、家具、洋服、家電、小物、食べ物、etc

「モノやサービスの販売価格」は、それらを作るために支払われた「人件費」よりも高いので、労働収入によっては、世の中で売られている商品の「一部」しか買えません。

したがって、必ずどこかで「売れ残り」が発生します。

資本主義経済下では、モノを作り、売る努力をしなければなりませんが、どこかで「売れ残り」が発生するため、利益を出せるひとは限られてきます。結果、世の中の人は勝ち組と負け組にわかれていきます。

勝ち組は「努力や才能」をもてはやされ、負け組は「努力と才能がたりなかった」と思いこまされ、困窮していきます。

これが、賃金労働によって自立的に暮らすことを前提条件とする、資本主義の本質です。
 


DP・民間給与所得・歳出

実際の数字でみてみましょう。

平成30年、名目GDP(国民総生産)は548兆円(内閣府発表)、民間所得の合計は223兆円(国税庁発表)、国の歳出(一般会計と特別会計の合計)は239兆円でした。(財務省発表

作り出した富の合計(GDP)548兆円に対して、労働賃金(民間給与)の合計は223兆円。労働によっては、作ったものの一部しか買えません。

恐ろしいのは、一般会計と特別会計の合計が239兆円に達する国の歳出です。民間部門の給料全額を差し出しても、歳出を賄えないのです。

労働によっては、富(モノとサービス)を分配できないのですから、所得税や消費税をによって財政をまかなうこともまた、不可能なのです。

 

◆日本のGDP
f:id:kamio-kamio:20200521195911j:plain

 

◆民間給与所得の合計f:id:kamio-kamio:20200521193412j:plain

 

◆国の歳出合計

f:id:kamio-kamio:20200521193837j:plain

 

 

計の負債が増えている

働いたお金だけでは、モノやサービスを買えないし、国の歳出もまかなえないのですから、借金するしかありません。

実際の数字をみてみましょう。下記は内閣府の資料です。国民の金融資産は減る一方なのに、負債は増えています。

国民の金融資産
平成 6年 3500兆円
平成28年 3002兆円

国民の負債
平成 6年 4929兆円
平成28年 7146兆円


f:id:kamio-kamio:20200521221203j:plain


現行システムを続けていく限り、家計の負債総額は増えるばかりとなるでしょう。

 

 

富格差の拡大

資本主義という、負け組を発生させるシステムは、株式市場、中央銀行制度、貿易、税金制度などと複雑に絡み合い、負け組の割合を増やし続け、貧富の差を拡大させていきます。

すでに、上位8人の大富豪の資産が下位36億人の資産相当になるまで、貧富の差は広がっています。


これから先、貧富の差は広がり続けるばかりとなるでしょう。

f:id:kamio-kamio:20200512154943j:plain

 

 

対的貧困から絶対的貧困へ

相対的貧困とは、ある国や地域社会の平均的な生活水準と比較して、所得が著しく低い状態です。

これに対して、栄養不良、文盲、疾病、悪環境、高い幼児死亡率、低い平均寿命などに示される、人間らしい生活からはほど遠い状態が、絶対的貧困です。

金融広報中央委員会による2019年調査によると、2人以上の世帯の4世帯に1世帯、単身世帯の4割近くが貯蓄がゼロという結果だったそうです。日本国内の話です。

「貯蓄ゼロ」でも収入があれば何とかなりますが、収入が途絶えたときは、一夜にして絶対的貧困に転落します。

今私たちは、絶対的貧困に転落する人が大量発生する時代の真っただ中にいます。

資本主義経済の宿命として、年を追うごとに困窮する人が増えていき、相対的貧困に苦しむ人が増えていたところに、新型コロナウイルス(COVID19)という災厄が発生したからです。

コロナ危機によって、営業自粛&ステイホームせざるをえなくなり、収入の道を断たれた人が続出しています。

貯蓄ゼロの世帯にとって、収入が途絶えることは、命にかかわる緊急事態です。

2020年5月8日の琉球新報には、食料買えない人が26%にのぼるという、悲惨な実態が報告されています。

ryukyushimpo.jp

 


コロナ経済危機は、リーマンショックよりも酷いことになると予想されています。これからのことを考えると、暗い暗い暗い気持ちになってきます。

こんな世の中、もうイヤです。

そろそろ、作らなくても売らなくても働かなくても幸せになる制度「政府貨幣による無条件ベーシックインカム」を導入して、暗い世の中を明るくしていきませんか?

 

「政府貨幣による無条件ベーシックインカム」
www.kamiokamio.club