住民発議による住民投票 & 無条件ベーシックインカム

CHダグラス『社会信用論』翻訳者・上岡みおが世界の賢人に学んだことをつづるブログ

エノ・シュミット氏(UBI)

エノ・シュミット氏のプロフィール
f:id:kamio-kamio:20181202111319j:plain

エノ・シュミット氏 / Enno Schmidt

・芸術家/アートディレクター
・ベーシックインカム導入是非を問うたスイスの国民投票主導者
・映画 Grundeinkommen - ein Kulturimpuls - YouTube 製作者
    (UBIを説明する映画。日本語字幕版あり)


■ベーシックインカム導入を問う国民投票

18ヶ月間に12万人の署名を集め、スイスでベーシックインカム(UBI)の導入是非を問う国民投票を実施したシュミットさん。

2016年6月、ベーシックインカム導入は否決されたものの、国民投票それ自体が世界中から注目され、ベーシックインカムというアイデアが市民権を得るようになっていきました。


■シュミットさんのインタビューから


「社会を良くしていこうという意識をもって意味をとらえ直し、思考を深めることこそが民主主義。」

「民主主義のプロセスとは新しい視座を得ることでもあるんだ。賛成か反対かだけを表明するものではないんだよ。」

「民主主義を成熟させる作業を怠ったら、すぐに独裁的なマフィア国家になってしまう。民主主義は放ったらかしにはできないんだ。」

「ベーシックインカムをめぐるアイデアや視点、世界観などが日々更新されていく喜びが、生きることそのものなんだ。」


■ギネスレコードのポスター製作

シュミットさんは、ギネスレコードとなるポスターを作り、ベーシックインカムのアイデアを世界中に広めました。ポスターにはこう書かれていました。

「生活費が保障されたら、あなたは何をしますか?」

■セントラルステーションでの戴冠式

道行く人に金色の紙で作った王冠をかぶせていく「セントラルステーションでの戴冠式」。

遊び心あふれるパフォーマンスには、自分以外の誰かに自己決定権をゆだねてはならないという、強いメッセージが込められています。「自分の王は、自分なのだ。」



シュミット氏制作の映画(日本語字幕あり)

www.youtube.com